トミー・ヒルフィガーがラガーフェルドをお買い上げ

20041214TommyHilfigerlogo.jpgH&Mとのコラボで先日話題になったばかりのカール・ラガーフェルドですが、今度はアメリカのトミー・ヒルフィガーに買収されたようです。シャネルとフェンディとの契約はそのまま続く模様。パリとモナコのお店もトミー側になるようですが、買収後もラガーフェルドのオリジナリティは生かされるとのことです。

Tommy Hilfigerはティーンエージャー向けの有名ブランドではありますが、90年代をピークに人気は下降気味。とくにここ数年は売り上げが落ち込み、乗っ取りのターゲットになっていたらしいです。投資銀行から、経営強化につながる新しいブランドを買うようアドバイスされ探していたところ、リストラ検討中だったラガーフェルドと話がまとまったようです。

で、久しぶりにTommy Hilfigerを見に行ってみたら、すっかりおじいさん顔になってしまったトミーさん、有名人とスナップ撮りまくり↓
20041214TommyHilf.jpg

どう見ても買収するようなエネルギー残ってるように見えないなぁ、と思ったら、昨年就任した新CEOのDavid Dyerって人が結構やり手な方のようです。
20041214dyer.jpg

Dyerさん(なんて発音するんだ?)は去年まではあのカタログ通販最大手のランズエンドのCEOを務めてた人で、落ち込んでいたランズエンドの売り上げを就任1年だか2年だかで倍にしたらしいです。おととしランズエンドはシアーズに買収されたようなんですが、Dyerさんは慰留されたものの新天地を求めてTommy Hilfigerに移籍(ちなみにランズエンドの新CEOはDyerさんの部下だった女性が就任)。

記事中にも「マルチ・ブランドを目指す」って野心的にコメントしてますから、アメリカ・カタログ販売の雄が、ヨーロッパのエレガンス、ラガーフェルドの名前を得て、今後どんな展開をしていくのかちょっと見ものです。

Dyerさんがコロンビア大学のビジネススクールで講演しているvideoが公開されてました。ランズエンド時代のもの。たっぷり1時間半の講演。

コロンビア・ビジネス・スクールといえば、MBA人気ランキングでも常に十傑入りしている名門校。授業料から換算すると1コマ2万円也の授業だそうです。一部とはいえ、こうしてネットで見られるなんて、アメリカの大学は太っ腹。っつても英語なんでよくわからないわけなんですが。日本の大学も出し惜しみしないでもっと公開してほしいもんだ。

Posted by 7NT-RDBL at 2004/12/14(mar) 06:00 PM [ニュース , モード ] | Hatenaブックマークに追加 |

このエントリーのトラックバック URLは:
 です。

トラックバック
コメント
この記事にコメントする










Please enter the security code you see here
名前、アドレスを登録しますか?